May 21, 2024

TechNewsInsight

Technology/Tech News – Get all the latest news on Technology, Gadgets with reviews, prices, features, highlights and specificatio

Ubuntu 24.04 LTS – PC Watch

Ubuntu 24.04 LTS – PC Watch

Ubuntu 24.04 LTS

2024年4月25日に2年ぶりのLTS(長期サポート版)である「 Ubuntu 24.04 LTS 24.04いて紹介しよう。

ちなみに「リリースされた」と言い切っているのだが、ここだけの話として、この記事を書いている時点ではまだリリースされていない。Ub untuk時間の4 月26日。 。 。 。 。 。 。 。 。 。だとすると、何か重大な問題が起きたということで、わくわくして待っていてほしい。

Image: 期サポート版

最初に「Ubuntu 24.04 lts Ubuntu徴のひとつが「 タイムベースのリリース 」だ。

現在のUbuntuは次のタイミングでリリースされる。

  • 1年に2回、4月と10月にリリースする
  • バージョン番号は西暦下ふた桁と月を使って「YY.MM”
  • 各リリースのサポート期間は9カ月
  • 2年に1度、偶数年の4月に「長期サポート版(Long Term Support:LTS)」をリリースする
  • LTSのサポート期間は5年(有償サポート込みで最大12年)
  • サポート期間はセキュリティアップデートが提供される

Ubuntu 2004 4.10 20年近く、1度の例外(2006年の6.06)を除いて守っているために、個人ユースから、広く使われるLinuxた。

2023 年さて、俄には信じがたいことではあるが2024残念ながら暦の上では2024年である。どんなにタイムリープしたところで2024リリース時期なのだ。

Ubuntu 24.04 LTSその次のLTSである28.04だろう。

Ubuntu Proを導2034 年 2034 入すれば、 5年 2034 年 2034 )「 LegacySupport 」もアナウンスされた2 036

Ubuntuのサポート期間は次のような形になる。ここには24.04はまだ登場していない

多い。Ubuntu はリリース間のアップグレードを提供しているのだが、前回リリースされたLTSからの一足飛びのアップグレードもサポートしているからだ。

24.04は前回のLTSである22.04から直接アップグレードできる。合と心構えの必要な作業になるので、短くとも2年以上は使い続けられたほうが嬉しいだろう。

22.04 22.04 24.04 22.04 22.04 22.04新機能を中心に紹介しよう。ちなみにLTSは5年サポートなので、10.04いでサポートが切れることになる。そろそろ移行について検討したいところだ。

Ubuntu 24.04 LTSの新機能

それではUbuntu 24.04 LTSる慣習がある。24.04のコードネームは「 Noble Numbat(高貴なフクロアリクイ) Noble Noble 24.04 Nobleっていることも多い。今回ぷアリクイが居るおしゃれな感じになっている。

Numbat(フクロアリクイ)は関係ないらしい

Download Ubuntu 22.04 LTS からの大きな変更点は次のようになるだろう。

  • インストーラが刷新
  • 初期状態でインストールされるソフド
  • Read more
  • 刷新 クイック設定
  • タイルっぽいウィンドウ管理

順番に見ていこう。

Ubuntuは2006年から「 Ubiquity Ubuntu Ubuntu 20年近くこのUbiquityを、時代に合わせて改造して使い続けてきたものの、そろそろコードベースが古くなり新しい機能が追加しづらくなってもいた。

Ubuntu 24.04 LTS (正確には23.10から) (とコ)ードリポジトリ)はころころ変わっているおり、今後も変わるかもしれないので「新しいインストーラ」としか言えない状況だ。

新しいインストーラのスタート画面

I'm sorry.

Live

合回の新機能になる。仮想マシンなどでトラに便利

「注意が必要。従来通りにしたければ「拡張選択」が必要だ

「「初期状態でインストールされるソフトウェアの見直し」だ。

まず、インストールオプションの「既定の選択」は、「最小インストール」に近い内容の設定となっている。とりあえず Web良く、それ以外はあとから追加したい人向けWeb 」とは言えなくなってきたということなぷとは思われるが、これについてはまた別の機会に紹介しよう。

LibreOffice/動 画プレイヤーストール後に、改めてソフトウェア「拡張選択」を選ぶと良いだろう。

Ubuntu本体のインストーラだけでなく、スド アプリセンター “Flutter”ターフェイスになった。

23.10

「クイック 設定 パネル」 は 画面 右上 に ある 種 インジケータ 領域 クリック クリック する で 表示 さ れる 操作 パネル だ 。wi-fi/bluetooth の 接続 や デバイス の 切り替え の よく 使う 設定 は 、 設定 画面 を 開か なく なく て て て て て て なく なく なく なく なく なく なく なく 開か なく なく なくもここからワンタッチで変更できる。

可能に

「タイル っぽい ウィンドウ 管理」 、 、 ウィンドウ タイル 状 に 配置 ため の 機能 で 、 最近 の Windows で 言う ところ の スナップ スナップ 機能 が 一番 イメージ に だろ。 。linux ではもともと 「タイル ウィンドウ マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー マネージャー派 」という 、 デスクトップ を できる だけ 効率 よく し 、 ウィンドウ の 配置 ・ 変更 を すばやく 行なう こと を 重視 し た 勢力 が 存在 する 。BUNTU でも gnome shell の tilt Assistant 拡張 機能 を 最初 から インストール こと で で 、 タイル タイル 型 型 タイル タイル タイル タイル タイル タイル タイル タイル タイル タイル タイル機能のサブセットを使えるようになった。

たとえばウィンドウを画面右上にドラッグすると右上4分の1サイズに自動でスケールしてくれる

See also  The limited-time free distribution of “A Tiny Poster Tale” and “Asteroids: Recharged” has begun for Prime Gaming members « doope! Local and international game information website

半分のサイズに変更した時、左半分のウィンドウをどれにす。 。 。 。またキーボードショートカットも変更Windowsを意味する。

  • Super + 右矢印: ウィンドウを右半分のサイズにする
  • Super + 左矢印: ウィンドウを左半分のサイズにする
  • Super + 上矢印:ウィンドウを最大化する
  • Super + 下矢印: ウィンドウサイズをもとに戻す
  • Super + テンキーの1-9:

最後のキーは、たとえば「9」を押すと右上4分の1のサイズに配置する形だ。ほかにもタイル配置されたウィンドウの境界をドラッ、

実はタイル型の操作はキーボードショードTiling Assistantは用意されていない。もし変更したい場合は、次のように設定ツールをインストールしよう。

定システム設定ではできない設定も表示される

$ sudo apt install gnome-shell-extension-prefs
$ gnome-shell-extension-prefs

Ubuntu Tiling Assitant

キーボードショートカットを設定できるようになった

ほかにも「 APT大きな機能がいくつも存在する。これらの更新により、新しいリリースは基本的に、高速化され・高機能になり・よりセキュアになっていると考えれば良いだろう。もちろが不具合が入り、特定のデバイスでの性能が下がることも起こりうる。このあたりはどうしても、全員が幸せになれるわけではないことを留意していて欲しい。

アップグレードの注意点

5.5 litersの後半も参考にして欲しい。気をつけるポイントは次の4点だ。

  • まずはリリースノートを読もう
  • バックアップはとっておこう
  • 可能なら再インストールがおすすすめ
  • 最後にリリースノード

Ubuntuのリリースノートには、「今回の新機能! 」とは別に「 既に見 ” 、強くおすすめする。具体的には「 既知の不具合 ” IBMあるが、そこはすっ飛ばして良い。

1週間程度で公開される。急いでいる場合は英語版を読むと良いだろう。

また、現在Ubuntu 22.04 LTS ポイントリリース 」の24.04版(24.04.1)回目のポRead moreおおよそ7月末から8月頭にかけてリリースされる。これはLTSリリース後に見つかるであろうさまざまな問題を一通り修正したものだと思って欲しい。

実際Ubuntu 24.04 24.04 24.04リリース(24.04.1)

ただし1合は、できれば早い段階でテスト環境で24.04をインストールし、問題を報告してほしい。

今回のリリースの苦労話

Contact Us

Ubuntu 24.04 LTS 。が、実はパッケージはほとんどDownload

回のリリースでは大きな課題として「 2038年問題の対応 」が存在していた。2038年問題とは、Ubuntuを含むLinux/Unix系のOSの32bit版では、歴史的な経緯から時刻情報の内部表現(time_t型)を符号付きの32bitの整数として扱っていたことに起因する問題だ。

Linux/Unix系OS符号付きの32bitだと、1970年から「2 ^31-1ーしてしまう(結果的に負の値になってしまう)。つまりそれ以降の時刻を正しく2038 年問題」というのはLinux/Unix系OSについては大きな問題として古くから言及されてきた。

2038年」2036年であることを考えると、今回のリリースでは対応しなくてもいいような気がする。ただ2036年4月の時点になると「 」ではあるし、3年後のカレンダーがうまく表示できないというのは、多2023 少の不便さは感じる。そして何よりDebian側で、2023 Ubuntu24.04必要がでてきた。

問 題はその対応とが期待されていたのだが、3月になっても大量のパッケージが「ビルド待ち」という形で、ほかのパッケージのビルドを阻害している状態に陥っていた。

3,000億年ぐらいは安心して使い続けられるため、長命種でもない限りは心配しなくて良い。 Raspberry Pi 64bit 32bit 32bitしているため、将来的には2038年問題が起きうる。

Ubuntu において 32Bit 版 の Raspberry Pi は 、 に 比べ て 優先 度 が 低く なり つつ ある。 で で 結局 リリース チーム として これ 以上 は スケジュール 影響 を の は まずい と いう で で 、 、 、 、 2038 年 に 限定 さ れる れる れる れる れる れる れる れる れる れる れる れる れる れる れる数多くのパッケージが「ビルド待ち」状態から解消され適切にテストされるようになった。

という話をしていたのが3月半ばのこと。これでようやくベータに向けて準備ができると思っていた3月29日に、特大の爆弾が放り込まれる。それが「 XZ Utilsのバックドア (CVE-2024-3094)込んだ本人と思われるアカウントがバックドア発見の直前にUbuntuなど、少なからず影響は受けている。実際、ビルド自体は進んでいて、まもなく開発版に取り込まれるかもしれないという間一髪の状況ではあった。

2月26日以降に変更があった開発版の全パッケージを再ビルドすることになった。つまり再びビルド月4日にリリースされるはずだったベータ版も、4月11日に延期している。

このように、ただでさえインストーラを刷新したばかりなのに、多くのパッケージのビル果、ベータ版況うまく動かなかった状況になってしまったのだ。リリース直前でも、アップグレードがうまくいかないみたいな報告があ4本当にリリースできるのかは、その直前までやきもきすることになるだろう。

ちなみにUbuntuにおける「リリース」とは、アナウンス用のメーリングリストへの投稿をもって正式スイメージの配布場所にファイルが置かれた時点で「リリースされた! 」と、る可能性もあるので要注意だ。

PADでもUbuntuを取り上げてもらいました!

PC WatchやAkiba PC Hotline!によるPCハードウェア関連の専門チャンネルであるPADにて、先日Ubuntu 24.04 LTSを取り上げていただいた。

Ubuntuころまで一通り紹介しているので、ぜひチェックしてほしい。

回かもしれない。この番組や本記事を参考に、GWはそぷ